>都市ガス・LPガスについて

ガスの安全な使用のために

キッチンでの安全な使用

小型湯沸器は安全装置が付いていても必ず換気しましょう。

ガスコンロやガス小型湯沸器などをお使いになる時は必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気しましょう。

ガス器具が劣化していたり、換気が不十分な状態でガスが燃焼すると、不完全な燃焼となり、同時に不完全な燃焼が発生し中毒となる恐れがあります。

こんな使い方は危険 ガスコンロ

揚げ物をしている時やグリルを使用している時は、その場から離れないことが大事です。
来客や電話などでその場から離れるときには、必ず火を止めて下さい。

おすすめ ガスコンロ

Sⅰセンサーコンロ(全口センサー搭載)
揚げ物中 煮こぼれや点火ミスなどで火が消えた時、立消え安全装置がガスをストップ。 また、天ぷら油の温度が約250℃になると、天ぷら油過熱防止装置がガスを止め火災を防止します。
その他消し忘れタイマーなどが付いている機種もあります。

こんな使い方は危険 ガス小型給湯機

ガス小型湯沸器からホースを延長して直接浴槽や洗濯機への給湯、洗髪やシャワーなどには使わないでください。
不完全燃焼の原因となり、大変危険です。絶対におやめください。
またガス小型湯沸器の上部に汚れや詰まりがないか、時々チェックして下さい。
熱交換器に目詰まりがあると、不完全燃焼の原因になることがあります。

おすすめ 小型ガス給湯器

不完全燃焼防止機能付
換気不良などでガス機器が不完全燃焼をおこすと、自動的にガスをストップさせるのが、不完全燃焼防止機能です。
一酸化炭素中毒の防止にもなり安心して使用できます。

おすすめ ガス漏れ警報器

不完全燃焼警報機付きの「ガス漏れ警報器」の設置をおすすめします。
「ガス漏れ警報器」には24時間ガス漏れを見張るほか、不完全燃焼で発生した一酸化炭素を検知したり、火災警報機のついた「複合型」もあります。設置しておくと安心です。
有効期限(5年)が終了したら取替が必要です。