>都市ガス・LPガスについて

ガスの安全な使用のために

お風呂での安全な使用

排気筒(煙突)式風呂がまをご使用のみなさまへ

排気筒(煙突)が詰まっていると、不完全燃焼を起こし、CO(一酸化炭素)中毒の原因となる場合があり、大変危険です。日頃より、次のような事にご注意下さい。

増改築をするときは・・・

屋外に設置されたガス機器を増改築により、 屋内化したり、波板などで囲うことは大変危険です。
新鮮な空気が不足し、不完全燃焼によるCO(一酸化炭素)中毒や、ガス機器の故障の原因となりますのでおやめください。

おすすめ

室内の空気を使わないような次のような安全な機器へのお取り替えをおすすめします。

●屋外設置式(RF式):機器を屋外に設置するタイプ。
 煙突などの給排気設備は不要で最も安全な機器です。
●密閉式(FF式):ファンの力で空気を屋外から取り入れ、排気もファンで強制的に屋外へ排出します。

ガス風呂がま

空だきに注意しましょう。ガス風呂がまや浴槽を傷めたり、火災の原因にもなります。
また、風呂がまが水につかると故障の原因にもなります。