舞鶴市のご案内

舞鶴 特産品のご案内

世界屈指の好漁場、日本海を臨む舞鶴は海の幸の宝庫

舞鶴かに

カニ

丹後半島沖は、全国でも知られるブランドガニの漁場。そこで取れる上質のズワイガニのオス「舞鶴かに」はその姿や味の良さ、高級感から、冬の味覚の王"と呼ばれています。またズワイガニのメス「コッペがに」はオスに比べ小ぶりなものの、卵を持ち独特な味覚です。

かまぼこ

舞鶴かまぼこ

「舞鶴かまぼこ」は、近海で取れた鮮魚のすり身をふんだんに使い、職人の技と舞鶴ならではの独特の手法で、奥深い旨味とシコシコとした弾力感のある歯ごたえが特徴です。恵まれた条件の中で味と品質で最高峰の「かまぼこ」として地位をゆるぎないものとし、地域ブランドに登録しています。

舞鶴かき丼

舞鶴 かき丼

三方を緑の山々で囲まれた舞鶴湾には、ミネラルを含む清水が多く流れ込み、かきのエサであるプランクトンを育てます。「かき」は“海のミルク”と呼ばれるほど栄養が豊富で、人が必要とするほとんどの栄養素を含んでいます。栄養豊富な舞鶴湾で育った「舞鶴かき」は、身も大きく濃厚な味となり、この「かき」をふんだんに使った「かき丼」は、舞鶴を訪れたら、一度は食べておきたい名物料理です。

肉じゃが

肉じゃが

肉じゃが発祥の地舞鶴。舞鶴海上自衛隊第4術学校に、全国で唯一旧海軍の料理教科書が残っています。旧海軍「海軍厨業教科書」の中に肉じゃがは「甘煮」として記されてます。明治34年、舞鶴海軍初代指令長官として、舞鶴に赴任した、東郷平八朗が、イギリスで食べたビーフシチューの味が忘れられず、部下に命じて日本の調味料で作らせたのが、肉じゃがのルーツだと言う事です。これらの事から、舞鶴が「肉じゃが」発祥の地と言われています。